マチココ.com

心理カウンセラーたちが伝える「コミュニケーション情報ページ」

未分類

ちょっときついときに、ちょっと楽になる「心の栄養」の話。

投稿日:

「心の栄養」について前回の記事より書いています。

「心の栄養」とは交流分析という学びの中で、「ストローク」と呼ばれています。ストロークとは「人との関わり」のこと。簡単に言えば、コミュニケーションそのものが心の栄養と言えます。

ちょっときついとき、心の栄養を補給することで、ちょっと楽になるかもしれません。
存在を認めてもらう嬉しさ
人が一人で生きていくのは、難しい。誰しも何かしらのコミュニケーションを誰かととりながら生きているのではないでしょうか。哲学っぽい話になりますが、誰かの存在があって、初めて自分は自分であると気づくことができると言われています。
だから、私の存在を「そこにいてもいいんだよ」「そこにいてくれることが嬉しいんだよ」と言ってくれる人がいることはとても嬉しいことです。

(別記事で詳しく解説しますが、自分の存在に全く気付いていない誰かより、それがネガティブな関わり方だったとしても自分の存在を認識している人のところに人は選んでいってしまうこともあります。もちろんポジティブな関わりがもらえるならそれが一番なんですが。)

 

自分で自分を認めることの面白さ
誰かとのふれあいの中で「心の栄養」を満たすことがベターかもしれませんが、実は、自分自身でも「心の栄養」を満たすことができます。

あなたは、自分自身のことを認めていますか?

ちょっときついとき思い出してみましょう。「できた!」とか「やった!」と思った日のことを。最近のことで思い出せなかったら、小さなころのことでも。「逆上がりができた!」「自転車に乗れた!」ってことから、「ひとりで電車に乗れた!」「掛け算ができた!」「本が一冊読めた!」的なところでも。

 

必ず、絶対に、何かできたことがあります。

そのときの自分への「いいね!」「OK!」「マル!」の気持ちを大切にしましょう。
そして、自分自身に「いいね!」「OK!」「マル!」を言ってあげましょう。

何か行動していれば、もちろんOK!
行動していなくても、やろうとしただけでOK!
何もしていなくても、回復に努めているだけなんでOK!

とそんな感じです。

そうして、自分の心の栄養が多少満たされてきたな~と感じたら、次のステージなんですが、それはまた別の機会に。
あ、それと、
めっちゃきついときには、そこらへんじゅうに心理カウンセラーがいますよ(#^.^#)
探してみてください。
北九州の心理カウンセラーを探すなら、まちココ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「心の栄養」は大切

人は「心の栄養」無しには生きていくことができないと言われています。あなたも、私も、「心の栄養」があって初めて生きていくことができます。 「水や食べ物」と同じくらい「心の栄養」は大切です。   …

no image

街に心の栄養を

あなたと、あなたの大切な人が幸福になるために、今日からこのページを始めます。           「幸福」とはなんでしょう。 私は幸福とは、コミュニケ …

男子が好きな女子に意地悪をする理由

男子が好きな子に意地悪する 昔から漫画などでもよくある状況で、もはや「あるある」ですが、いじめるまではなくても女の子にネガティブなアプローチをして嫌われてしまう男の子は多いです。むしろ、女の子が男の子 …

たった5分のイメージで、毎日の子育てをHAPPYに

毎日忙しいあなたに、5分でできる子育て力アップ術 小さなお子さんをお持ちの皆さんは、毎日お忙しい時間を過ごされていると思います。 バタバタする毎日の中で、もうすこしお子さんと関われたら・・・と考えてい …

「貢献」で、お客様に喜んでもらうには?

「貢献」って、実際のところなかなか簡単じゃないと思っています。「お客様に喜んでもらう」という「貢献」をすることが、私自身の価値だとは良く言われるのですが・・・。 そもそも「貢献」って何なんでしょうね・ …